トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

田中&ダルビッシュ、東北ゆかりの二人が3・11哀悼ツイート

2019年3月12日 紙面から

「震災から8年を迎えて」と題した田中のツイッターでのつぶやき

写真

 田中ら東北に縁が深い選手が、8年を迎えた東日本大震災についてツイートした。仙台市内に本拠地がある楽天に当時所属していた田中は自身のツイッターで「震災から8年を迎えて」と題し、哀悼の意と東北への思いをつづった。

 「震災の記憶と経験を、しっかりと後世に伝えていく。8年という月日が経過した今だからこそ、風化させてはいけないと、あらためて、そして強く思います。野球を通じてできること、ひとりの人間としてできることは限られているかもしれませんが、自分自身を成長させてくれた宮城、そして東北の地に、微力ながら貢献できればと思っています」(原文のまま)

 田中は震災から2年後の2013年、シーズン24勝0敗の活躍で楽天初の日本一に貢献。17年1月は津波で被災した仙台市立岡田小学校を、楽天の選手たちと慰問した。

 一方、東北高(仙台市)出身のカブスのダルビッシュ有投手(32)も「あれから8年。これからも力を合わせて、被災地の完全な復興に向けて頑張りましょう!」とツイート。日ハム時代は震災直後、日赤を通じて被災地に5000万円を寄付している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ