トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

ハーパー、13年368億円! 超大型契約でフィリーズ合意

2019年3月2日 紙面から

ブライス・ハーパー外野手(ゲッティ=共同)

写真

 フィリーズが今オフFA市場の目玉、ブライス・ハーパー外野手(26)=ナショナルズからFA=と13年総額3億3000万ドル(約366億3000万円)で契約に合意した。スタントン(現ヤンキース)が2014年にマーリンズと結んだ13年総額3億2500万ドルを上回り、米プロスポーツ史上最高額の契約だ。2月28日の米スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

 フィ軍のキャプラー監督は「チームにとって大きな瞬間だ」と興奮を隠せない。15年ナ・リーグMVPのハーパーは昨季、打率2割4分9厘、34本塁打、100打点。130四球はリーグ最多で球宴選出6度。フィ軍の今季ワールドシリーズの優勝賭け率は19倍だったが、契約合意直後には13倍まで下がるほど反響は大きい。

 今オフ最大級の目玉を巡り、複数球団の争奪戦は熾烈(しれつ)を極めた。ボラス代理人は「もっと短期なら1年平均4500万ドル(約49億9500万円)のオファーもあった。選び放題だった」と高笑い。「一つの街でキャリアを終えたい」というハーパーの希望を踏まえ、フィ軍を選択したという。

◆10年で3億ドル用意 ナ軍一歩届かず

 ハーパーが昨季まで在籍したナショナルズは、契約に一歩届かなかった。ナ軍は昨季中に10年総額3億ドル(約333億円)の延長契約を提示し、慰留に尽くしたと報じられていた。また、地元放送局NBCベイエリアによれば、ジャイアンツは12年総額3億1000万ドル(約344億1000万円)をオファー。さらに上積みも辞さない姿勢だったものの、本拠を置くカリフォルニア州の高い税率が障害となったという。他に、ドジャースやパドレスも契約提示したとみられる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ