トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

リハビリ中の大谷は別メニューでキャンプイン

2019年2月15日 紙面から

キャンプ初日、会見するエンゼルスの大谷=テンピで(社英夫撮影)

写真

 メジャー2年目は、静かなキャンプインとなった。大谷は室内で別メニュー調整。「1年目の去年と同じくらい緊張している」と笑った。共同電などによれば5日前から素振りを始め、調整段階としては7、8割程度だという。「違和感? ない。普通にできている。問題なくできているので、予想通り。打撃で恐らくつまずくことはない」と自信を見せた。

 今季は指名打者に専念させる方針のオースマス新監督は前日、5月中の復帰を示唆。昨年は6月に右肘靱帯(じんたい)部分断裂の悪化が判明しながら、いったんは保存療法を受けた。結局は10月に手術に踏み切ったものの、大谷は「昨年に起きたことについて後悔はない。チームが考えてくれたプラン。最終的にはうまくいかなかったが、それでも後悔はない」と語った。

 また、米紙USAトゥデー(電子版)によれば、大谷はキャンプ終了後もチームに帯同せず、アリゾナ州の球団施設でリハビリを続行する予定。「マイナー戦に出場させるのではなく、チームが環境をコントロールできる試合形式の打撃練習や紅白戦で調整させる予定」という。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ