トップ > 中日スポーツ > 高校野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【高校野球】

大船渡・佐々木面談スタート 一番乗りのヤクルト「最下位なので面談ぐらいは…」

2019年10月3日 18時26分

写真

 「怪物面談」にまず3球団−。プロ志望届を提出した163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)が3日、プロ球団との面談を開始。岩手県の同校には、さっそくヤクルト、ロッテが訪れた。一番乗りのヤクルト・斉藤スカウトは「チームが最下位だったので面談ぐらいは一番乗りしたいと思っていた。育成方針やトレーニング施設などを説明しました。熱心に聞いてくれました」と話した。

 佐々木は1日に学校関係者がプロ志望届を提出。2日に大船渡高で開いた記者会見では「1年冬から考えていた。12球団どこでもいきます」と12球団OKの姿勢を示した。プロ志望届を出したことでNPB球団スカウトとの面談が可能になった。すでに日本ハムが1位入札を公言。少なくとも6球団がすでに面談を申し込んでいるとみられる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ