トップ > 中日スポーツ > 高校野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【高校野球】

星稜・奥川、154キロで好救援 3回戦で智弁和歌山と激突

2019年8月14日 紙面から

星稜−立命館宇治3番手で登板、力投した星稜・奥川=甲子園球場で(黒田淳一撮影)

写真

◇全国高校野球選手権<第8日> 星稜6−3立命館宇治

 星稜の絶対的エースはリリーフでも甲子園を魅了した。3点差に詰め寄られた直後の6回2死一、二塁。銀傘を揺るがすような大歓声に送られた奥川は3番手としてマウンドに向かっていった。

 「ここで打たれたらまずいな」。重圧を感じたのか、7番の今野に適時打を浴びた。しかし、ここで気持ちを落ち着かせて踏ん張った。続く高木は153キロの直球で遊撃への力のないゴロに仕留めて、ピンチ脱出。試合の流れを引きとめた心境を右腕はこう明かした。

 「ビッグイニングにはさせたくないと思って、投げていました。たとえリードが1点になったとしても絶対に勝ってやろうと思っていました」

 リリーフ登板は石川大会準決勝の鵬学園戦以来だった。「準備はバッチリでした」とはいうものの、先発とは勝手が違う形での登板にペース配分をなかなかつかめず、150キロ台を連発しながらストライクを奪うのに一苦労。「奥川劇場」の第二幕は「悪いボールばかりで…。今日は本当にダメでした」と振り返る“苦投編”となった。

 そんな中でもすごみは見せる。8回1死から迎えた5番・荒井に投じた5球目の直球に甲子園がどよめく。スコアボードに表示された数字は154キロ。甲子園大会では自己最速、そして歴代でも2007年夏の佐藤由規(仙台育英)と13年夏の安楽智大(済美)がマークした155キロに次ぐ球速だ。任された2イニング1/3は2安打無失点。試行錯誤しながらも昨夏、今春と敗れた鬼門の2回戦を突破した奥川は胸をなで下ろした。

 「リリーフの難しさを感じました。でも、チームが勝ててホッとしています」。次の3回戦は智弁和歌山が相手。先発だけではなく、救援でも培った自信を胸に強力打線をねじ伏せる。 (川越亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ