トップ > 中日スポーツ > 高校野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【高校野球】

中京学院大中京 3年ぶり夏の甲子園出場 岐阜大会決勝で大垣日大に8−6で逆転勝ち

2019年7月29日 14時10分

3年ぶりの夏の甲子園大会出場を決めて抱き合って喜ぶ中京学院大中京ナイン

写真

 全国高校野球選手権岐阜大会は29日、岐阜市の長良川球場で決勝を行い、中京学院大中京が大垣日大に8―6で逆転勝ち。3年ぶり7度目となる夏の甲子園大会出場を決めた。

  中京学院大中京は一時2点をリードされたが、7回1死満塁から6番の小田康一郎内野手(1年)が放った中越2点適時二塁打で6―6の同点に追いつくと、続く井上槙士内野手(3年)が中前へ勝ち越しの2点適時打。一挙4得点のビッグイニングで得たリードを7回から3番手としてリリーフした元謙太外野手(2年)が3安打1失点に抑えて、粘る大垣日大を振り切った。

 2017年に中京高から現校名に改称して初めての甲子園出場を決めた中京学院大中京の橋本哲也監督は「選手たちが本当によくやってくれました。大会を通じて自分たちのスイングをしてくれた」。殊勲の一打を放った井上は「7回の場面はチャンスで走者が残っていたので、ここで逆転するぞと思って打席に立ちました。自分たちのスタイルを貫けば甲子園でも勝つ自身はあります」と話していた

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ