トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

J1名古屋FW相馬2年連続の開幕戦ゴールで「通算400勝」に花添える!「名古屋に戻ってきた!とサポーターにも示したい」

2020年2月21日 21時48分

2年連続のリーグ開幕戦ゴールへ意気込む相馬

写真

 名古屋グランパスは、22日に今季Jリーグ開幕戦の仙台戦に臨む。東京五輪代表候補のFW相馬勇紀(22)は、2年連続の開幕戦ゴールに照準を定めた。チームは21日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 特別なシーズンに挑む。2季目の今季を「勝負の年」と位置付ける相馬がリーグ開幕戦で狙うのは、4―0で快勝した昨季開幕戦の鳥栖戦に続く開幕戦弾。史上5クラブ目のJ1通算400勝目も併せてたぐり寄せ、幸先良いスタートを切りたいところだ。

 「400勝にいきたいですね。『(名古屋に)戻ってきたぞ』というのを示すためにもゴールが一番かなと思います」

 16日に行われたルヴァン杯1次リーグ開幕戦の鹿島戦は惜しかった。前半43分のFKでキッカーの位置に立ちながら、角度や利き足、守備陣形から判断し、FWマテウスに譲った。ほかにもサイド突破からゴール前に攻めながら、仕留め切れなかった。ただ「前向きに捉えて次に決めるという感じ」と切り替えは済ませた。

 東京五輪を視野に入れているだけではない。昨年12月にA代表へ選出されるなど、リーグ戦を単なるアピールの場とするつもりはない。「チームで出場しなければ、成長率は変わってくる。代表に選ばれて痛感したことを考えながら、本当に上を意識しつつ、足元を見つめてやりたい」。年代別代表として欧州や南米、アジアのチームと戦う中で課題が見えた。進化への思いは尽きない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ