トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

”優勝請負人”その名に違わぬ働き!J1名古屋・阿部浩之が魅せた 新天地でも相手にとって『嫌な選手』になります

2020年2月16日 22時10分

存在感を見せた阿部

写真

 21日開幕のリーグ戦に先立って始まり、A組の名古屋グランパスは鹿島を1―0で破り白星発進した。同組で前回覇者の川崎は清水に5―1で大勝。C組でJ1に復帰した横浜FCは0―2で広島に敗れた。

 ガンバ大阪や川崎フロンターレでリーグ優勝を経験しているMF阿部浩之(30)が、トップ下で新天地デビューした。パスの配球役としてだけではなく、絶妙なターンで相手マークを外してから自らゴールへ迫るなど、前線での存在感は抜群。「攻守両面でもっと相手にとって嫌なことをできないといけない。そういうことができるだけのクオリティーはある。もっと突き詰めていきたい」と、さらなる向上を見据えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ