トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

J1名古屋フィッカデンティ監督 22日開幕戦の相手・仙台へ静かに闘志「時間をかけて準備したい」

2020年2月14日 23時14分

Jリーグキックオフカンファレンスで記念撮影する(左から)仙台のマテ、木山監督、名古屋のフィッカデンティ監督、相馬

写真

 サッカーJ1の全18クラブが参加する開幕前恒例のキックオフカンファレンスが14日、東京都内で開かれた。名古屋グランパスからはマッシモ・フィッカデンティ監督(52)とFW相馬勇紀(22)が出席した。開幕カードごとにブースが設置され、2人は22日にユアテックスタジアム仙台で対戦する仙台の木山新監督、DFシマオマテのすぐ隣で取材に応対。静かに闘志をぶつけあった。

 フィッカデンティ監督は新体制となった仙台について「情報は頭にあるが、監督が代わればやり方も変わるので時間をかけて準備したい」。一方の木山監督は敵のキーマンの一人に同じ兵庫県伊丹市出身のMF米本をあげ、「活動量をしっかり出しながら、アグレッシブに攻守をしてくるイメージだ」と相手の印象を語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ