トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

練習も”フルコース”堪能!J1名古屋FW山崎16日のルヴァン杯へ「状態はいいです!」

2020年2月11日 22時51分

ミニゲームで藤井(左)のボールを奪いにいく山崎

写真

 春季キャンプを終えた名古屋グランパスは11日、公式戦に向けて愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習を再開した。別メニュー調整が続いたFW山崎凌吾(27)は全練習メニューをこなすなど復調をうかがわせ、16日のルヴァン杯開幕・鹿島戦(パロマ瑞穂)の出場意欲を見せた。

 前線の最有力候補が戻ってきた。脚の状態が思わしくなかった山崎が、タイキャンプ中盤以来となる全体練習でフルメニュー参加。ミニゲーム形式ではシュートこそ放てなかったが「状態は思った以上に良い」。ボールを持った相手に素早く身を寄せるなど不安を感じさせなかった。

 満を持しての合流だ。山崎は、復帰時期を巡るフィッカデンティ監督とのやりとりを明かす。

 「名古屋に戻ってから合流しようという話をしていた。最後の練習試合も状態は良かったけど回避したかたちになった」

 沖縄キャンプ中から上向きで、8日のJ2北九州との練習試合には出場意欲を語っていた。それでも大事をとって見送り。不安がないことを裏付けるように、キャンプから戻った直後も、2日間のオフのうち1日はグラウンドで体を動かすなど調整を進めた。

 湘南からの移籍1年目は開幕前に思わぬ離脱となったが、ここから再びギアを上げればいい。コンディション面以外の不安を問われると「心配していない」ときっぱり。新チーム始動後の練習を根拠に、2列目との連係にも自信を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ