トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

「まだしっくりきてないが…」 J1名古屋フィッカ監督 新戦術に手ごたえ!タイキャンプ快勝締め

2020年1月29日 紙面から

ピッチの選手に指示を送るフィッカデンティ監督=タイ・チョンブリで(高畑章撮影)

写真

 【チョンブリ(タイ)高畑章】春季1次キャンプ中の名古屋グランパスは28日、当地でJ2山口と45分ハーフで練習試合を行い、3−1で勝利。マッシモ・フィッカデンティ監督(52)は、新スタイルの浸透具合に手応えをのぞかせた。チームは全7日間の練習日程を終え、帰国の途に就いた。31日から沖縄県で2次キャンプに臨む。

 上々の内容で締めた。1次キャンプ総仕上げの試合に臨んだグランパスは、前半に前田、マテウス、後半に青木の計3発で勝利。いずれも前線の空いたスペースを突き、素早く中央へ運んで得点に結び付けた。

 この時期に最も重視すべきは試合内容。高い位置でのプレー、前へとボールを奪いに行く意識に対し、フィッカデンティ監督は及第点を与えた。「どれだけいいシーンがあったかという点でも、多くつくれた。まだ全部がしっくりきているわけではないが、選手はトライし、チームとしていい方向に行っている」

 後半35分過ぎまで1トップを務め、ゴール前をかき回した前田が振り返る。「90分間近く、気持ちで前から行き続けたのは収穫」。トップ下に入ったMF阿部との縦のラインなど、実戦経験を前向きに捉えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ