トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

フィッカ監督、古巣鳥栖返り討ちへ「徹底的にやることをやる」勝てばJ1残留決まる可能性

2019年11月21日 23時41分

鳥栖戦へ向けて「グランパスがいかに徹底的に勝つかに集中する」と意気込むフィッカデンティ監督

写真

 12位の名古屋グランパスのマッシモ・フィッカデンティ監督(52)は21日、勝てばJ1残留が決まる可能性がある鳥栖戦に向けて会見した。2016〜18シーズン途中に指揮した古巣を迎えるが「試合中はグランパスが徹底的にやることをやり、勝つことに集中する」と断言。同じく残留を争う鳥栖を返り討ちにし、新体制で初の連勝を目指すのみだ。チームは非公開練習した。

 勝負事に私情は挟まない。残留争いの佳境で、勝ち点1差で背後につける鳥栖を本拠地に迎える。フィッカデンティ監督にとっては、昨日の友は、今日の敵だが、国内外の複数クラブを指揮する中で同じケースは経験済み。だから、今回も姿勢は一貫している。「知ったメンバーがいるから再会はうれしく思う。ただ、どんな試合でも、どんな状況でも目の前の試合に勝つために徹底してやる」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ