トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

J1名古屋残留ライバル仙台に0−2敗戦14位に後退 サポーターから厳しい言葉

2019年10月19日 21時31分

サポーターと口論する名古屋・米本(左)。右は丸山

写真

 名古屋グランパスは仙台に0―2で敗れ、14位に後退した。フィッカデンティ監督就任後3試合未勝利(2分け1敗)でJ2との入れ替え戦に回る16位湘南とは勝ち点2差。

 ゴール裏のサポーターから浴びせられた厳しい言葉にMF米本がカッとなった。サポーターに詰め寄るのを、主将DF丸山やチーム関係者に制止された。

 異常事態の収束にチーム最年長34歳のDF千葉が動く。拡声器を握り「あと5試合、僕たちは必死に戦います」と訴えた。

 丸山も続いた。サポーターの中心メンバーと3分間の“緊急会談”。報道陣には「ここで話すことではない」と内容は明かさなかったが、関係者によると、共闘を誓う前向きな話し合いだったという。最後は握手した。

 直近18戦1勝の現実に、これまで敗戦後も拍手と声援でチームを後押ししてきたサポーターも我慢の限界だった。残留争いのライバル仙台に前半7分に先制され、後半40分にPKでダメを押されて負けた。

 攻撃陣は8試合連続失点中の相手に無得点。7戦未勝利となり、14位に転落した。パロマ瑞穂の戦績は1勝1分け5敗で終了。聖地1勝は昨季に並ぶクラブワーストだ。

 就任後初黒星(2分け1敗)となったフィッカデンティ監督は「あそこで決めていれば、次は決めようという捉え方では、ずっと勝てないままになると選手に伝えた」と厳しい表情を浮かべた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ