トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

フィッカ新監督、守備陣に熱弁50分

2019年9月25日 紙面から

守備陣を集めて話すフィッカデンティ監督(右)=トヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスは24日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで2部練習した。新監督に就任したマッシモ・フィッカデンティ監督(51)は、守備陣に対して基本動作や連係に欠かせないチーム内の規律を午前・午後合わせて50分間熱弁。残り8試合でタクトを引き継いだ指揮官が、対話を通じて“フィッカイズム”を浸透させる。

 話して、話して、話しまくった。攻守一体のサッカーを実現する上で、直近5戦で11失点の守備の整備は喫緊の課題。初の2部練習に臨んだ新指揮官は午前30分、午後20分をかけ、ジェスチャーを交えながら守備陣に熱く語りかけた。

 午前は基本編。攻撃陣と守備陣にグループ分けし、監督は守備陣につきっきりで体の向きや4バックの連係などを指導した。より実戦に近い午後の5対4(攻撃・守備)の練習でも、一貫して守備陣の動きにコメントし続けた。

 DF太田は指導ついて「(内容は)難しいことではない」と明かす一方、「失点が続いている。約束を作って守備を整えることは必要。守備から入った上で、攻撃で個人の力を発揮したい」。自由度の高い風間サッカーからの転換。まずは基本に立ち返り、攻守のバランスを安定させたい。

 全体練習中にも頻繁にプレーを止め、じっくり時間をかけて説明。必要とあれば、選手を呼び寄せて1対1でコミュニケーションをとった。太田は「誰に対してもポジティブに声かけをしてくれるので、チームはまとまりやすい」と明かした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ