トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、3失点 清水に逆転負け10位転落 残留争い突入

2019年9月14日 紙面から

清水−名古屋 後半、3点目を決められ、肩を落とす名古屋イレブン=アイスタで(木戸佑撮影)

写真

 名古屋グランパスは清水に2−3で逆転負けし3連敗。残留争いに巻き込まれる事態となった。清水は4試合ぶり勝利。C大阪が浦和に2−1で競り勝った。4連勝で勝ち点は43。浦和は7戦勝ちなし。

 結局、昨年と勝ち点は同じ。その事実はあまりに重い。格下13位・清水に3失点して3連敗。26試合終了時点での勝ち点は、最終節まで残留争いを繰り広げた1年前と同じ31だ。悪夢がよみがえる状況に、試合終了後の選手はピッチでうなだれるしかなかった。

 相手がシュートモーションに入っても脚を出さないし、カウンターを受けても全力で戻らない。MFエドゥアルドネットの動きだ。運動量に難のあるブラジリアンも要因となり、1−1の後半9分に逆転され、同14分に突き放された。

 2点を追う展開に風間監督も動いた。ネットに代えて、右肘関節脱臼などのけがから2カ月ぶりにベンチ入りしたMF米本を投入した。

 米本離脱がいかに痛かったか。米本が先発した試合は18戦23失点。一方、ネット先発試合は9試合22失点。1試合当たりの失点は1・3から、2・4へ悪化する。復帰戦となった米本は攻守に奮闘した。

 試合は後半29分に途中出場のMF長谷川のゴールで1点差に詰め寄ったが、反撃もそこまで。敵地での最後の白星は半年前までさかのぼる3月9日のG大阪戦。敵地での勝ちなしはJ2降格した2016年の13戦に次ぐ12戦まで伸びた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ