トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、オフサイド覆り決勝点献上

2019年9月5日 紙面から

川崎−名古屋 前半、川崎・知念(20)の先制ゴールが有効か無線で確認する村上主審=等々力陸上競技場で(浅井慶撮影)

写真

 ホームアンドアウェー方式の準々決勝第1戦が行われ、名古屋グランパスは川崎に0−2で完敗した。川崎の先制点は、いったんオフサイドで無効の判定が出たが、Jリーグ公式戦で初めて導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が適用され、ゴールが認められた。鹿島は3−2で浦和を振り切り、札幌は広島に3−2と競り勝った。G大阪はFC東京を1−0で破った。第2戦は8日に行われ、4強が決まる。

 VARに泣かされた。前半15分だった。川崎FW知念にDFライン裏のを突かれ、ゴールネットを揺らされた。副審はフラッグを上げて、オフサイドのジャッジをしていた。だが、そこから暗転する…。よりによって、この日がJリーグVAR導入日。主審はVAR担当者との無線による協議に入った。

 約1分間の中断…。判定は逆転。得点が認定された。判定は映像上にラインを引いて確認する。グランパスの選手と知念の脚が同じライン上に。ゴール宣告で知念はガッツボーズ。グラ戦士はうなだれた。VARによって判定が覆ってゴールが認定されたのは、Jリーグ初の事例となった。

 VAR適用かを判断する教材のようなゲームだった。前半11分には、DF宮原がペナルティーエリア付近で相手選手を倒した。VARでの確認の結果、宮原はイエローカードを受けた。

 試合は序盤からDFラインの裏をロングボールで狙われた。ボール保持を得意とするJ1王者の予想外の戦いに、DF中谷も四苦八苦。「前半に失点した時間帯は中途半端で、やることがはっきりしなかった」。

 前半31分にFWジョーを投入し、布陣を4バックに変更。好機はあったが得点には至らず。後半16分にカウンターから追加点を許した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ