トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

ジョー、VAR歓迎

2019年9月4日 紙面から

30日のFC東京戦でユニホームを引っ張られるジョー(中)

写真

 川崎DFよ、ジョーのユニホームに気を付けろ!名古屋グランパスは4日、ルヴァン杯準々決勝第1戦・川崎戦(等々力)に臨む。今季、相手DFの猛烈なマークに遭うFWジョー(32)は、この試合からのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)採用を歓迎。機械による正確ジャッジを味方につけ、8年ぶりベスト4へ好発進する。3日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 人間の目はごまかせても、機械の目はごまかせない。映像での確認によって明らかな誤審や審判の見落としを減らすVAR。ルヴァン杯準々決勝からJリーグの公式戦で初採用される同システムを、ジョーが歓迎した。

 「VARがあるというのは自分にとっては、すごく重要だ。マークが厳しく、ユニホームを引っ張られているのにファウルをもらえないことがある。VARがあれば、そこははっきりしてもらえると思う」

 VARの対象となる項目の一つが、PKに関わる判定。W杯で初めて用いられた昨年のロシア大会では、前々回のブラジル大会の倍以上となる過去最多29個のPKを記録。勝敗に大きな影響を及ぼした。

 昨季得点王で元ブラジル代表のストライカー。フィジカルでは圧倒的な強さを誇り、ファウルが妥当な厳しいマークにも「簡単に倒れないように心がけている」という。「VARでプレーを変えることはない」と話す一方、「倒れたかどうかがファウルの基準ではないので、そこは見てもらいたい」と訴えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ