トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

武田、代役任せろ!! 守護神ランゲラックが豪州代表で離脱

2019年9月2日 紙面から

ミニゲームでパスを出すGK武田=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(川本光憲撮影)

写真

 名古屋グランパスは4日に行われる川崎とのルヴァン杯準々決勝第1戦(等々力)を前に1日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。オーストラリア代表のためチームを離れたGKランゲラック(31)の代役は武田洋平(32)が決定的。2カ月ぶりスタメンで結果を出し、リーグ戦にも弾みを付ける。

 寡黙な控えGK武田が心の底から勝利を願った。公式戦でのスタメン出場は7月3日の天皇杯2回戦、鹿屋体大戦以来、2カ月ぶりとなる。

 「最低限の準備はしてきたつもりです。(DFラインとは)やりながら確認していこうと。自信をつけたい。しっかり勝って。そういう試合を続けていけるような状態にしたい」

 1−2で敗れた30日のFC東京戦では、負傷のランゲラックに代わり後半21分から出場。ゴールは許さなかった。ベテランの経験で実戦感覚を補い、クラブの緊急事態を救う。リーグ戦は直近10戦で1勝3分け6敗。失点数は24。開幕10戦7失点から3倍強となっている。いかにDFラインを突破され、ランゲラックがピンチにさらされてきたか。正GKが代表招集で抜けた今、武田の力が試される。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ