トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

キャプテン・丸山祐市が帰ってくる 左膝靱帯負傷から6試合ぶり出場へ

2019年8月21日 20時24分

和泉(左)とともにリラックスした表情で練習する主将・丸山

写真

 キャプテンが帰ってくる。横浜M戦を控えた名古屋グランパスは21日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。7月7日の湘南戦で左膝靱帯(じんたい)を痛めて離脱していた主将のDF丸山祐市(30)が合流。6試合ぶり出場へ意欲を示した。

 テーピングは巻いていても、かばう様子はない。丸山が全体練習に合流し、主力組に入ってフルメニューを消化した。横浜M戦で1カ月半ぶりにピッチに立つ。

 「僕以外にもいろんなところに不安を抱えながらやっている選手はいる。万全かと言われたらそうではないが、監督が使ってくれるのであれば、責任感を持ってやるだけです」

 復帰への歩みを進めてきた。7月7日の湘南戦で相手選手と接触して負傷交代。チームは同戦に敗れて7戦勝ちなし。リハビリ生活が始まった。

 「申し訳なかった。早く戻りたかったが、無理して復帰して、また迷惑かけるのもよくないと思っていた」。焦る気持ちを抑え、ゲームを目指してきた。

 復帰を白星で飾りたい。チームは10日の第22節・川崎戦で11戦ぶり勝利。前節のアウェー松本戦では後半ロスタイムに追い付いた。「チームがいい状況にはなりつつあるので、次の試合も重要な試合になると思う」。最近は先制点を奪う展開が増え、試合の主導権を握る戦いはできている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ