トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

吉田、右SBでグラ救う! 宮原状態不透明…10戦勝ちなし…相手は天敵川崎…

2019年8月9日 紙面から

右SBでの先発可能性が浮上した吉田=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスは8日、川崎戦に向けて愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。DF吉田豊(29)が右サイドバック(SB)で今季初先発の可能性が浮上した。前節・浦和戦で途中交代したDF宮原和也(23)の脚の状態が万全ではないため。選手一丸となって、10戦勝ちなしの苦境を乗り越えたい。

 宮原の出場可否は試合当日までの懸案事項。ただ、代替手段はある。7日の公開練習では、布陣を3バックから4バックに再変更。室内調整した宮原の右SBには、左SBの吉田が入った。

 「もし(宮原)和也が1回休まないといけない状況になれば、誰かが穴埋めをしなければいけない。監督が決めることですけど、準備していきたい」

 チームは10戦勝ち無し。DF丸山、MF米本に続き、またしても離脱可能性のある選手がいる。吉田自身も浦和戦では途中交代。疲労は確実に蓄積されている。ただ、根性の見せ時。出られるなら出るし、ポジションチェンジもいとわない。

 加入イヤーの今季、左サイドで出続けた。ただ、これまで所属した甲府、清水、鳥栖では右SBも経験。「右も左もやってきている。経験というのは強みとしてやっていきたい」と、発言は頼もしい。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ