トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、また悪夢のロスタイム 10戦勝ちなし 2点リード守れず

2019年8月5日 紙面から

浦和と引き分け、悔しい表情を見せる名古屋イレブン=埼玉スタジアムで(いずれも木戸佑撮影)

写真

 名古屋グランパスは2点を先制したが、前節(7月20日)のG大阪戦と同じく後半ロスタイムに追い付かれ、2−2の引き分け。10試合連続の勝利なし(4分け6敗)となった。川崎は松本と0−0で引き分けた。首位FC東京と6差の勝ち点39で横浜Mと並び、得失点差で2位。大分は鳥栖との九州対決に2−2で引き分けた。

 2試合連続で後半ロスタイムに同点ゴールを許す悲劇的な幕切れ。後半開始から攻撃的な風間サッカーを返上してまで守備に徹するも、ゴールマウスを守り切れず。10戦勝ちなしとなった。

 ポイントは後半の戦い方だった。3バックで臨んだ一戦。なのに、左右のウイングバックが下がって5バックになった。風間監督は「苦しくなりながら、自分たちの判断でプレーを続けた」とコメント。選手の判断による5バックと説明した。

 攻守一体の攻撃サッカーを掲げる風間サッカー。イレブンは、なぜ後半開始から守備重視を選択したのか。「うちのチームは(後半に)運動量が落ちる。耐えるぞ、というか耐えるしかなかった」とDF中谷。前線からプレスをかけ、ポジション不問で駆けずり回るスタイル。夏場なら体力消耗は避けられない。

 後半開始から攻められ続けたのも、自然と5バックになる一因だった。「行けるとこは行こうと話はしていたんですが、全体として重くなりました」とFW前田。5バックは苦肉の策だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ