トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

太田のセットプレーから中谷 グラ新得点パターンだ!!

2019年7月27日 紙面から

セットプレーでの得点に期待がかかる太田(左)と中谷=愛知県豊田市トヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスは26日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習し、非公開予定だった午後を休養とした。FC東京から加入し、セットプレーのキッカーを任されるDF太田宏介(32)は、プロ6年で通算3得点のDF中谷進之介(23)のターゲットとしての才能に着目。FWジョーだけではない新得点パターンの確立に意欲を見せた。

 極上の左足が、眠っていた才能を呼び起こす。移籍後初戦の第20節・G大阪戦で早速キッカーを務めた太田が、グランパスのセットプレーの印象について語った。

 「ターゲットが多いので最高です。ジョーにマークが集中する中でジョアン(シミッチ)とか、シン(中谷)も入ってくるのがうまい。かなり長所になる」

 身長192センチのジョーの脅威は言わずもがな。MFシミッチも今季FKから頭で2得点をたたき込んだ。一方、中谷はJ1通算113試合で3得点(今季1得点)。ターゲットとしての注目度は低かった。

 だが、合流3週間の太田は23歳DFの可能性に目をつけた。元々、守備での空中戦の強さには定評があった中谷。その素質を太田の左足キックが生かすことができれば、新得点パターンとして期待できる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ