トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

中谷、完封誓った グラ10戦ぶり勝利へ!! 

2019年7月26日 紙面から

ジョー(左)をマークする中谷=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(川本光憲撮影)

写真

 名古屋グランパスは25日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。3バックの中央を担うDF中谷進之介(23)は、9戦勝ちなしからの脱却のキーワードに新加入DF太田との連係、先制点を与えないことを掲げた。

 柏から完全移籍して1年たち、今や不動のCBに定着した中谷。クラブの日本人では唯一、これまでフル出場しているタフネスは勝利に飢えている。

 「勝ちたいという気持ちは強い。名古屋に来たときも難しい状況だった。もう1度、あのときの気持ちを忘れずに、今からやり直せると思いながらやりたい」

 昨夏に加入し、クラブはW杯の中断期間が明けた8月上旬から破竹の7連勝。FWジョーとともに原動力となった。1年前のように勝ち続ける夏にしたい。

 勝利へ向けてCBの左に入った新加入DF太田とのコンビネーションは必須。「(太田)宏介くんの左脚はスペシャル。守備だけでなく(左ウイングバックのDF吉田)豊くんの外側から上がるのもある。セットプレーで(FW)ジョーやボクが合わせるのもいい」。守備に加えて、新たな得点パターンも描く。

 守備の要として勝利に欠かせないのは、先制点を与えないこと。9戦勝ちなしの全試合で失点していて、勝敗の内訳は3分け6敗。負けたゲームはすべて先制点を奪われた。「完封したいですし、そこは守備陣の力の見せどころです」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ