トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

前田が今年も苦境救う!! 昨年の急浮上再現へ決めるぞ点火弾

2019年7月13日 紙面から

シュートを放つ前田(左)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 俺が止める! 現在7試合未勝利と苦しむ名古屋グランパスは13日、敵地でC大阪戦に臨む。昨季も自らの得点で16戦ぶりの勝利をもたらしたFW前田直輝(24)は、チームの再点火弾に意欲十分。12日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 何点決めるかだけが、FWの値打ちを定めるものではない。約2カ月、勝利から遠ざかっているグランパス。今季まだ2得点止まりの前田が、暗く長いトンネルに光をともす一撃を放つことを誓った。

 「全試合で得点を狙うというスタンスは変わらないです。ただ、今は決めきれていない。現状を打破するゴールを決めたい、という気持ちがあります」

 実績がある。15試合勝利から遠ざかっていた昨年8月1日のアウェー仙台戦、チームは約5カ月ぶりの勝利を飾ったが、その試合で得点を決めたのが当時J2松本から加入直後の前田だった。その後、チームは7連勝。前田も8月だけで3発を決めた。次戦はそのアウェー仙台戦と同じ第19節。今年も夏男としてチームの苦境を救いたい。

 今季序盤戦はベンチ外になるなど苦しんだが、6月以降は先発起用の回数も増加。本職はサイドハーフだが、今週は紅白戦でジョーとの2トップやウイングバックでもプレー。ポジションの枠にとらわれない風間サッカーの下で可能性を広げている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ