トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、学生相手に無様3失点 まさかの初戦敗退…サポーターも落胆

2019年7月4日 紙面から

名古屋−鹿屋体大 肩を落としながら引き揚げる名古屋イレブン=パロマ瑞穂スタジアムで(木戸佑撮影)

写真

 サッカーの第99回天皇杯全日本選手権は3日、名古屋市瑞穂区のパロマ瑞穂スタジアムなどで2回戦の29試合が行われ、名古屋グランパスは鹿屋体大(鹿児島)に0−3でまさかの完敗を喫し、3大会ぶりの初戦敗退となった。0−0で折り返した後半に3失点。ふがいない内容で、中2日だった学生に良いところなく敗れた。2回戦からJ1、J2勢が登場。監督が交代した磐田は5−2でホンダロック(宮崎)を破り、松本は2−3でヴァンラーレ八戸(青森)に敗れた。ヴィアティン三重(三重)は4−0で湘南を倒す殊勲を挙げた。

 赤っ恥だ。格下の大学生を相手に0−3の完敗。天皇杯で大学チームに敗れたのはクラブ史上初めてだ。ボロボロの内容で歴史的敗戦。あきれたような表情の風間監督は、選手の消極的な姿勢を敗因に挙げた。

 「今日のチームのパフォーマンスでは、どことやっても勝てない。鹿屋体大の方は恐れずに、すごく自分たちを出していた。1対1で負けていては、話にならない。われわれの選手は何かにおびえているように見えた」

 勝敗以前に、戦う姿勢が足りなかった。前半から自信なくボールを回すグラ戦士に対し、大物食いを狙う大学生は怖い物なし。何度もボールをかっさらわられ、ピンチを招いた。リードされた後半にはリーグ戦の前節で先発した前田、宮原を投入。だが、最後まで歯車はかみ合わなかった。

 指揮官と同じくDF吉田も、強い口調で試合に臨む姿勢を指摘した。「一つ一つのプレーに魂がこもっていなかった。自信のないプレーをしていたし、球際でも負けていた。僕を含めて根本的にサッカーをやる資格がないぐらいひどかった」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ