トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、6戦未勝利 急造布陣で今季ワースト5失点

2019年7月1日 紙面から

神戸−名古屋 前半、神戸・ビジャ(左端)に先制ゴールを許し、うなだれるGKランゲラック(右端)=ノエビアスタジアム神戸で(浅井慶撮影)

写真

 名古屋グランパスは神戸に3−5で敗れ、6戦勝ちなし(2分け4敗)となった。川崎は小林らの得点で磐田を3−1で下し、勝ち点31で2位に浮上した。大分は浦和に2−0で快勝して6試合ぶりの勝利を挙げ、鹿島と広島は2−2で引き分けた。C大阪は湘南に、仙台は札幌に勝った。

 取られて取ってを繰り返すこと3度。グランパスは3−3の同点に追い付いたのもつかの間、立て続けに2失点してジ・エンド。主将でセンターバック(CB)のDF丸山を左臀部(でんぶ)の張りで欠いた一戦で、今季ワーストの5失点。守備のミスに風間監督は唇をかんだ。

 「最初に失点したが、相手を崩して点を取った。そこまでは良かった。だが、自分たちで崩れてしまった」

 急造布陣だった。丸山に代わってCBに送り出したのはボランチのMFシミッチ。今月上旬のリーグ中断期間の練習で試した一手。そして、ボランチには右股関節手術から復帰のエドゥアルドネットを、左SBには和泉を、ともに今季初先発させた。指揮官はシミッチのCB起用の意図を「後ろに置いて試合を優位に進めたい、ゲームをつくりたいというところ。ただ、ミスを出してしまった。あればポジションの話ではない」と説明した。

 そのシミッチが誤算だった。試合後は険しい表情で取材を拒否。後半35分に自陣ゴール付近でドリブルを仕掛け、ボールを奪われたのをきっかけにGKランゲラックがPKを献上。同42分には一対一ので転倒。突破を許し5点目を決められた。

 勝ちたかった。5戦負けなしで臨んだ一戦。練習では選手に白紙メニューを提示した日もあった。「チームは変化している。個々の選手とチームにギャップができる。そこを確認してほしかった」。選手は独自にミーティングを実施。5戦計4得点の得点力不足からの打開策を話し合った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ