トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

マテウス、生き残りゲーム 外国人6選手に最大5枠

2019年6月19日 紙面から

ルヴァン杯仙台戦での先発が予想されるマテウス(左)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスのFWマテウス(24)が、19日のルヴァン杯仙台戦で、外国人6選手に対して最大5しかない外国人枠への生き残りをかける。18日は愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習。先発が予想されるマテウスにとって、大きなアピールチャンスとなる。股関節のけがで離脱していたMFエドゥアルドネットが復帰すれば、外国人6人のうち1人が必然的に出場機会を失う。「監督に選ばれれば、自分ができることを精いっぱい出して、これからの試合にも出場できるようにしたい」

 現在リーグ7試合の出場ながらチーム2位タイの3得点。一方、速いテンポでのプレーが要求される風間サッカーへの適応は遅れている。

 「30人以上の選手が試合に出るため、必死になっている。自分もそれは同じ」。潜在能力十分のブラジリアンが風間流を吸収し、生存競争を勝ち抜く。 (牧原広幸)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ