トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、一丸で勝ち抜く 弾丸スケジュール 2週間で5試合!!総移動距離3200キロ

2019年6月14日 紙面から

 名古屋グランパスが、15日のリーグ・大分戦を皮切りに、2週間で5試合をこなす弾丸スジュールに臨む。移動日を除けば、最短で中1日も含まれる過密日程。総移動距離は名古屋−マニラ間を超える約3200キロ。チームは13日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習し、風間八宏監督(57)が会見。メンバー総動員で勝ち抜く考えを示した。

 代表ウィーク明けの試合間隔は中3日、中2日、中3日、中3日。アジア・チャンピオンズリーグ出場圏内を目指しつつ、ルヴァン杯も勝ち上がりたい風間グランパス。指揮官にとっては、メンバーの状態を見極めながら、持ち駒を的確に使う腕の見せどころになる。

 「全員で戦わないといけない。ただ、うちのサッカーはパターンじゃない。『慣れた』では済まされない。(レベルが)一つ上がれば、また足りなくなる。見ている方は面白いだろうし、やっている方は挑戦し続ける。一番の特徴だね」

 過密日程の中でレベルアップを狙うのが風間流。絶対エースのジョーが復帰し、MFエドゥアルドネットも全体練習に加わって選手層は厚みを増した。だが、選手個々の疲れを把握しながら活きのいい選手を出すだけではない。長期的視野を持って選手の質も上げる“わがままプラン”を抱いている。

 15日の大分戦が終われば、中3日で19日にはルヴァン杯プレーオフステージ仙台戦。さらに中2日で22日にリーグ清水戦があり、その後も中3日で同杯仙台戦、リーグ17節神戸戦が組まれている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ