トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

突破へガンガン主力投入 勝てばPO進出決定“運命の一戦”

2019年5月21日 紙面から

あすのルヴァン杯神戸戦でスタメン起用が濃厚な名古屋・FWジョー

写真

 総動員で突破だ。22日のルヴァン杯1次リーグ最終戦・神戸戦(ノエスタ)を前に20日、名古屋グランパスの風間八宏監督(57)が愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで会見した。勝てばプレーオフステージ進出となる大一番。リーグ戦メンバーをスタメンに積極起用する考えを示した。この日、チームは非公開練習した。

 勝てば1次リーグ突破、負ければ敗退。運命をかけた一戦を前に風間監督の腹は決まっていた。出し惜しみはしない。リーグ戦メンバーをガンガン使う。

 「日程的に言えば、誰でも出られるという状態。チームの中の勢いをそのまま(スタメンで)つくりたいのと、他の選手にもチャンスを与えるのと両方考えながら」

 時間的余裕がレギュラー投入の用兵を可能にする。神戸戦は、リーグ第12節川崎戦から中4日。神戸戦を終えて、第13節松本戦まで中3日ある。

 リーグ戦実施日は金、土、日曜のいずれか。その日程が、ルヴァン杯でレギュラーを起用するのに追い風となった。対する神戸は中3日、中3日。たった1日の違いだが、選手の疲労回復、次節への準備期間としては神戸よりグランパスに分がある。

 19日の練習公開日が神戸戦のメンバーとなるならDFラインはリーグ戦と同じ宮原、中谷、丸山、吉田。GKランゲラックも準備しているし、FWジョー、MF米本もピッチに立つとみられる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ