トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

記念ユニでホーム全勝 今夏開催「鯱の大祭典」で着用

2019年5月14日 紙面から

名古屋城天守閣をバックに「鯱の大祭典」記念ユニホームを披露した渋谷(左)と杉森=名古屋市中区の名古屋城で(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスは13日、今夏に開催するイベント「鯱の大祭典」(7月20日〜8月30日)と、イベント期間中のホーム4試合で着用する記念ユニホームを名古屋城本丸御殿で発表した。昨夏は着用したホーム4試合で全勝した縁起のいい記念ユニホーム。今季も勝率100%の“全勝ユニ”とし、9年ぶりのリーグ制覇へ向けたVロードを突っ走る。この日、チームは休養日だった。

 夏を制するチームが、リーグを制する。今夏、グランパスと自治体・企業・商店街が連携し、スタジアムの内外で愛知県を盛り上げる「鯱の大祭典」が初開催。その目玉企画の一つが、ホーム4試合で着用する記念ユニホームだ。

 デザインを担当したのは、ファッションブランド「BEAMS」。同ブランドが、Jクラブのユニホームをデザインするのは初めて。胸、肩にはシャチをほうふつとさせるデザインを配置し、側面には「優勝」を意識した金色を使った。

 7月20日の第20節G大阪戦(豊スタ)、8月24日の第24節横浜M戦(パロマ瑞穂)ではレプリカが来場者全員に配布される。選手も、観客も、赤に染め上がるスタジアム。会見に参加したMF杉森は「このようなユニホームが着られてうれしい。鯱の大祭典を盛り上げたい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ