トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

ジョー“昇”ムードだ!! ルヴァン杯で同点ゴール「自信取り戻した」

2019年5月12日 紙面から

練習でシュートを放つジョー=9日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(川本光憲撮影)

写真

 名古屋グランパスは12日、浦和戦に臨む。前節・湘南戦で途中交代したFWジョー(32)は、途中出場した8日のルヴァン杯C大阪戦で同点弾を決め、復調の兆し。昨季ハットトリックを達成した好相性のホーム浦和戦でエースの証明となる一撃を決め、クラブ新記録のホーム開幕5連勝に導く。11日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 ゴールが、ストライカーにとって何よりの良薬となる。それは、今季まだ4得点(うちPK1)のジョーも同じ。湘南戦で今季初の途中交代を経験した昨季得点王が、ルヴァン杯の再出発弾をきっかけに、立ち上がる。

 「得点を取れば、自信は高まる。(ルヴァン杯C大阪戦では)どうしても得点が必要な状況の中で同点ゴールを決めて、チームに貢献できた。自信を取り戻して次の浦和戦に入れるのは大きい」

 浮上のきっかけをつかむには十分な一発だった。2点ビハインドの後半から出場。FW前田が1点を返した後、素早い飛び出しでMF小林のクロスに反応した。複数人が連動し、相手の密集を崩した美しいゴールには、ジョーも「この前のゴールの形は練習でやってきた成果。次も決めたい」と手応えを口にした。

 母国ブラジルでは1シーズンで最大5つの大会が開催され、日程は日本より過密。「週2試合は慣れているよ」と話すように、中3日での連戦にも疲労の色はない。練習を見た風間監督も「だんだん状態が上がってきたところ。期待できる」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ