トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

菅原「優勝目指す」 U−20W杯代表にグラから2人選出

2019年5月8日 紙面から

「まずはW杯より目の前の試合」と意気込む名古屋・菅原

写真

 日本サッカー協会は7日、U−20W杯ポーランド大会(23日開幕)に臨むU−20日本代表メンバー21人を発表し、DF菅原由勢(ゆきなり、18)、MF伊藤洋輝(19)=ともに名古屋グランパス、FW田川亨介(20)=FC東京=らが選ばれた。昨秋のU−19アジア選手権(インドネシア)で中心選手だったFW久保建英(17)=FC東京、MF安部裕葵(20)=鹿島、GK大迫敬介(19)=広島=の3人は選外となり、6月の南米選手権(14日開幕・ブラジル)に出場するA代表に招集されることが確実となった。

 菅原は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで行われた非公開練習後に会見。U−20W杯への抱負とともに、先発が予想される8日のルヴァン杯1次リーグ第5戦・C大阪戦(パロマ瑞穂)に向けて意気込みを語った。

 「(U−20)W杯に選ばれましたけど、頭にはC大阪との試合があります。本当に勝たなければいけない。まずはW杯よりも目の前の試合を大事にして、しっかり活躍したいです」U−20代表が12日から合宿を開始するため、菅原にとってはC大阪戦が1次リーグのラストゲームとなる。2試合を残してグランパスはC組2位タイだが、第4戦・大分戦で退場した最年長のDF千葉が出場停止。チームが第6戦を有利に戦うためにも、菅原の奮闘は欠かせない。

 2017年のU−17代表に続き、自身2度目の年代別W杯。目標に掲げたのは、MF小野、稲本ら“黄金世代”を擁して準優勝した1999年大会を超える優勝だ。「日本を代表して戦う以上は優勝を目指して戦わなければいけない」と、強い覚悟を口にした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ