トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

前田弾!!2位に浮上 負傷のシャビ代役で今季初ゴール

2019年4月29日 紙面から

名古屋−広島 前半、決勝ゴールを決め喜ぶ名古屋・前田(中央)=豊田スタジアムで(榎戸直紀撮影)

写真

 平成最後の開催。名古屋グランパスはFW前田直輝(24)のゴールで広島に1−0で勝ち2位に浮上した。首位のFC東京は松本に2−0で快勝した。浦和は清水に2−0で勝利し、2点目を決めた興梠が平成最後のゴールを記録した。

 平成5(1993)年に産声をあげた、Jリーグの歴史が凝縮された一発だった。前半37分、FWジョーの右クロスにつめたのは前田だった。

 「仲間がうまくゴール前まで持っていってくれた。自分はつめるだけ。ラッキーでした」

 草創期をリードした東京ヴェルディ育ちのアタッカーが今季初ゴール。負傷欠場のFWシャビエルに代わり、開幕戦以来の先発起用に応えた。

 昨季途中に当時J2の松本から加入し、チーム2位の7得点をマーク。今季は戦術を意識しすぎて、どつぼにはまった。リーグ戦から遠ざかり、自問自答の日々。悩みを消すきっかけは、小学4年から所属した名門ヴェルディの教えだった。

 誰にも負けない−。J2に低迷する今も、育成の名門だ。グランパスにも門下生のMF小林、青木がいる。前田は10年以上にわたって、一流アスリートの精神をたたき込まれた。原点こそ「誰にも負けない」だった。

 厳しい生存競争にも身を置いてきた。「3年に一度『いる』、『いらない』と言われる面談があった」。少年時代から、相手はもちろん、チームメートにも負けない「ナンバーワン」を目指した。目を覚ましたヴェルディ魂は、マッチアップした日本代表のDF佐々木にも物おじしない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ