トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

平成ラストゲームで狙う まずは勝利に集中

2019年4月27日 紙面から

ミニゲームでドリブルする丸山(右)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 記録にも記憶にも残る平成ラストゲームにする。名古屋グランパスのDF丸山祐市主将(29)が26日、第9節広島戦での無失点勝利を誓った。2位・広島相手にしぶとくゴールを守り抜けば、クラブ初の同一シーズンでのホーム4試合連続完封となる。この日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 堅守の広島に堅守で対抗する。昨季リーグ最多失点タイで守備のもろさを露呈したグランパスは、今季はホーム3戦3勝。しかも、無失点。ホーム4戦連続完封は2006年から07年にかけて1度あるだけ。同一シーズンなら初の快挙。守備の要・丸山が意気込んだ。

 「記録というのは、いずれ破れたらいいなと思う。まずは勝利。その上で、無失点で抑えるに越したことはない」。失点したとしても、ホーム開幕4連勝となれば12年以来7年ぶりで、クラブ最長タイとなる。

 完封へのカギは、全員守備にある。前節・磐田戦は1−0で勝利。シュート3本に抑えられながら、粘り腰をみせた。丸山も「前の選手も守備で助けてくれた」。堅守があれば、僅差のゲームもものにできる。

 2位の広島は今季リーグ最少失点(4失点)。堅守でゴールを守りながら、サイド攻撃とカウンターで好機をうかがう。丸山は「僕らがボールを握る時間が長くなると思う。しっかりリスク管理したい」とイメージを膨らませた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ