トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

シャビ代役はオレだ! ルヴァン杯 きょう大分戦

2019年4月24日 紙面から

ミニゲームでドリブルする相馬=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 シャビの穴争奪戦ゴングだ!! 名古屋グランパスは24日、ルヴァン杯1次リーグ第4戦・大分戦(昭和電ド)に臨む。チームはFWシャビエル(25)が右太もも裏を痛めていて、28日のリーグ第9節・広島戦(豊スタ)の出場が危ぶまれる。では、背番号10欠場なら代役は誰か。同杯ではFW前田直輝(24)や新入団FW相馬勇紀(22)らがアピール合戦を繰り広げる。グラ戦士は23日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習し、大分へ移動した。

 大黒柱シャビエル欠場なら確かな痛手。だが、傷を浅くするのが代役の仕事だし、役割を果たせばチーム内への新たな風となる。代役候補は前田、相馬のほかにも、MF榎本や同じくMF杉森もいる。ルヴァン杯はシャビエルの代役を決める格好の試金石となる。

 前田「シャビの容体は関係なく、ルヴァンで勝ちたい。目の前の相手に勝って点も取りたい。そういう気持ちでやっていればチャンスは回ってくると思います」

 相馬「受ける前の動き出しやもっと中に入っていくところを考えながら。リーグ戦でもルヴァンでも自分がやることは変わりません」

 ドリブラー榎本は「うまくアピールしてリーグ戦に絡みたい。高いレベルのリーグ戦でやれたらもっとうまくなれる」と意気込み、杉森は「ボールを受けるところは受けて、しっかり前に運ぶ。そういうことはしたい」と話した。

 風間監督はチーム内競争に手応えを感じている。「サッカーが速くなっている。いろんなものが少しずつ高くなっている。全員、意識は高いと思います」。チームは成長し続けている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ