トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

ジョー、原点回帰トレで下半身強化

2019年1月31日 紙面から

ランプーンとの練習試合で自身2点目となるPKを決める名古屋・ジョー(中)=タイ・チェンマイで(木戸佑撮影)

写真

 【チェンマイ(タイ)川本光憲】今季も頼んだ!! 名古屋グランパスは30日、1次キャンプを行う当地で、タイ3部ランプーンと45分×2、30分×1本の練習試合を行い、2年連続得点王を目指すFWジョー(31)が今季実戦初ゴールを含む4得点の大爆発。試合は11−0で大勝した。1次キャンプ計3試合は2勝1分けだった。

 強い日差しを受けて徐々に体を仕上げたジョーが、たとえタイ3部相手だとしてもキャンプの成果を出した。利き足の左の2得点に加えて、右足、頭でも決めたから頼もしい。

 「相手のレベルが低い中でも、満足せずに集中できた。周りの動きもいい」

 ジョー劇場のゴングは1本目の4分。相手DFと競り合いながら左足で押し込んだ。14分には宮原が得たPKを、ゴール左隅へ蹴り込む。

 35分にはゴール左から中央へドリブルし、体のキレを使って右足でゴール左へシュート。ネットを揺らした。2本目の6分にはCKにドンピシャのタイミングでヘディング。チーム最多の4ゴールを挙げた。

 風間監督は周囲の選手の成長の証しだとした。「周りが動けているので、ジョーのポジションがいいところ(にいられる)。下がる動きがほとんどない」と手応えを得た様子。ジョー個人へは「決定力があって動きもうまい」とコメントした。

 原点回帰のトレーニングを積んで来日した。16歳でプロの門をたたいた母国ブラジルのコリンチャンスが取り組む練習法だ。体にパラシュートを付けて砂浜での走り込み。足場の悪さと風圧で、下半身強化に明け暮れた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ