トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

GK楢崎が現役引退 グランパス在籍20年

2019年1月8日 15時29分

川口能活の引退セレモニー終了後、サプライズで登場した名古屋の楢崎正剛(左)

写真

 名古屋グランパスは8日、元日本代表GK楢崎正剛(42)が2018年シーズン限りで現役を引退すると発表した。楢崎は1999年、消滅した横浜フリューゲルスから名古屋に移籍し、J1通算631試合に出場。日本代表としても77試合に出場し、1998年フランス大会から4大会連続でW杯メンバーに選出されるなど、昨年11月に現役引退を発表した川口能活(43)とともに日本サッカー界をけん引してきた。

 楢崎はクラブを通じて、「2018シーズンをもって24年の選手生活を終えることになりました。新しい年になり、新シーズンへ向けてスタートを切ろうとするこの時期にこのような発表になったこと、最後にゴールマウスの前でプレーする姿をお見せできず終わってしまったことを、申し訳なく思います。横浜での4年、名古屋での20年、良いことも悪いことも全てが夢のような経験、最高のサッカー人生で後悔はありません」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ