トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

特別指定選手・渡辺「感覚取り戻す」 左ひざ靱帯断裂から本格復帰

2018年10月14日 紙面から

ミニゲームでパスを出すMF渡辺(左)=トヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスは13日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。来季加入内定後に左ひざの大けがをしてリハビリを続けていた特別指定選手のMF渡辺柊斗(21)=東海学園大4年=が、11日から全体練習に合流。才能の片りんをピッチで発揮し、柏戦でプロデビューの可能性も出てきた。

 サッカーができる喜びにあふれている。渡辺は1月のタイキャンプで左ひざ前十字靱帯(じんたい)断裂の大けがを負い、学生最後のシーズンの半分超を棒に振った。「久々に楽しくやろうと思える」と笑顔を見せる。

 9月上旬にいったん練習に参加したが離脱。大学の練習も含め、これが本格復帰だ。「今はゲーム感覚とかゲーム体力を戻すのが先決。見えていない部分もあるけど、そのうち戻ってくるはず」と焦る様子はない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ