トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

丸山、完封で古巣に恩返し 「選手もチームの戦い方も分かってる」

2018年10月6日 紙面から

前線にパスを送るDF丸山(右)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスは5日、次節FC東京戦(7日・豊田ス)に向けて愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。夏の移籍で加入したDF丸山祐市(29)は、計5季在籍した古巣との対戦に「変な感じがあるけど、相手の戦い方は分かっている」。FC東京の特徴を丸裸にし、3試合ぶりの勝利を引き寄せる。

 不思議な感覚だ。2012年にプロ生活をスタートさせた丸山は、期限付き移籍した湘南での1季を除き、プロサッカー選手のキャリアの多くをFC東京で培ってきた。古巣との対戦が迫り、「絶対(相手を)倒すという思いはもちろんあるし、名古屋のために戦うんだけど、ちょっと変な感じがある」と話す。

 戦う実感こそまだ湧いていないが、元同僚の情報は潤沢だ。「相手の選手も、チームの戦い方も分かっているので、ある意味戦いやすい」。事前の情報戦においては、グランパスに軍配が上がるに違いない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ