トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

菅原「世代1番のプレー」 U−20W杯、東京五輪見据える

2018年10月4日 紙面から

居残りでフリーキックの練習をする菅原(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスは3日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。U−19アジア選手権の日本代表に選ばれたDF菅原由勢(ゆきなり、18)は、U−18チームで練習。来年のU−20W杯の出場権が懸かる重要な大会に向け「世代で1番のプレーをしないと風間監督は認めてくれない」と、クラブでの飛躍にもつながる活躍を誓った。

 何よりも、結果が求められる戦いだ。ベスト4入りで得られるU−20W杯出場権はもちろん、2年前の前回大会で優勝した日本には連覇がかかる。右サイドバックでの出場が予想される菅原は「初戦からレギュラーとして出ることは絶対。前回王者として2連覇に向けていい戦いを見せたい」と語気を強めた。

 各組2位までが準々決勝に進める1次リーグででは北朝鮮、タイ、イラクと対戦するハイレベルなグループに入った。これまでの遠征で南米や欧州のチームと対戦してきた菅原も「アジアの戦いに簡単な戦いはない。100%の準備をしたい」と警戒感を強めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ