トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

中谷、カウンター対応猛省 次戦に生かす

2018年9月17日 紙面から

子どもたちと一緒に懸命にボールを追う中谷=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスのDF中谷進之介(22)が16日、4失点して敗れた前夜の長崎戦を振り返り、「カウンターへの対応がいけなかった」と猛省した。移籍後リーグ8試合目にして初黒星を味わい、次の戦いに向けて再びネジを巻き直す。

 前夜の悔しさを消し去るように、中谷はゲームに興じた。と言っても相手は小学生。この日はファンクラブの小学生会員約100人が参加したサッカー教室が開かれ、長崎戦に出た選手も回復メニューを兼ねて汗を流した。鬼ごっこでは、軽い身のこなしで鬼役の子のタッチをかわし、勢い余って転ぶ熱の入れようだった。

 長崎戦では、相手が守備の背後に放り込んで来ることを想定し、「縦ポン(ロングボール)にはうまく対応できていた」。ただ、グランパスの左サイドを中心に狙う相手の素早い攻撃に失点を重ね、前半戦から大きく改善されたように見えた守備の穴が露呈した。「カウンターへの対応がうまくできなかった」。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ