トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、連勝ストップ 長崎の5バック…パス回しに手こずり

2018年9月16日 紙面から

長崎に敗れ、悔しい表情を見せる名古屋イレブン=パロマ瑞穂スタジアムで(木戸佑撮影)

写真

 名古屋グランパスは最下位の長崎を相手に拙守が響き、3−4で敗れて連勝が7で止まった。後半早々にFWジョー(31)のゴールで一時勝ち越したが、その後失点を重ね、ジョーの2点目も実らなかった。首位広島は鳥栖に0−1で敗れ、勝ち点は55のまま。2位川崎は札幌に7−0で大勝し、広島より1試合少ない状況で勝ち点差を6に縮めた。

 7戦勝ちがなかった最下位の長崎に、勢いに乗るグランパスは連勝を止められた。持ち前の攻撃力で3点を奪っても、失った点が多すぎた。微妙な判定もあり、試合直後はホームスタンドから審判団に大ブーイングが向けられたが、相手の術中にはまり、試合を制御できなかったのは事実だ。

 ボールを保持するグランパスに対し、長崎は対照的な戦いで挑んできた。5バック気味で守って前戦のスペースを消し、ボール保持者に厳しいプレッシャーをかける。グランパスのパス回しが狂えば素早い出足でボールを奪い、そこから一気にカウンター。連勝中に対戦したどの相手より割り切った戦い方に、手を焼いた。DF丸山は「相手の守備にはまってしまった」と悔やんだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ