トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

勝った〜16戦ぶり敵地で仙台撃破 前田、ゴール&アシスト

2018年8月2日 紙面から

仙台−名古屋 前半、ゴールを決めジョーと喜ぶ前田(左)=ユアテックスタジアム仙台で(木戸佑撮影)

写真

 名古屋グランパスは仙台を2−1で破り、16試合ぶりの勝利をつかんだ。J2松本から移籍したFW前田直輝(23)が1得点1アシストと活躍した。首位の広島は横浜Mに4−1で大勝し、3戦ぶりの勝利。FC東京は鹿島に2−1で逆転勝ちした。札幌は長崎に勝ち、清水は鳥栖を下して3連勝。磐田はG大阪と引き分けた。

 長かった。3月3日の磐田戦以来、実に16試合ぶりの勝利。試合終了の笛を聞いたグランパスの選手、スタッフは、たまりにたまった思いを吐き出すように大喜びで抱き合った。

 1点リードの後半40分以降は、いつ追いつかれてもおかしくない防戦一方の展開。風間監督はFWシャビエルに代えてDF新井を投入し、勝ち点3を最後まで手放さなかった。

 この展開の下地を作ったのは、1ゴール1アシストのMF前田。7月19日にJ2首位の松本から加入した走力自慢のドリブラーだ。スプリント(時速24キロ以上)数は両チーム断トツの23。走行距離も同3位の12キロ超えだった。

 1−0でリードした前半40分、ドリブルで持ち上がったDF和泉の絶妙なスルーパスに反応した。トラップで相手DFをかわし、GKとの1対1で振り抜いた左足のシュートは、貴重な追加点となった。「練習から竜司くん(和泉)とやっていた形で、今までにない感じのプレーだった」。スピードを生かした攻撃の引き出しを広げる大きな一撃でもあった。

 前半30分にはFWジョーの先制点をアシスト。左サイドからのジョーのパスを中央でヒールで落とす、ワンツーを決め“新2トップ”の連係に自信を深めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ