トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

ジョー&シャビエル、2トップで反攻号砲 きょうJ1再開

2018年7月18日 紙面から

2トップを組むジョー=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスは18日、リーグ戦再開となる浦和戦に臨む。今季6得点のFWジョー(31)と同4得点のFWガブリエル・シャビエル(25)は、2トップでの先発が濃厚。最下位スタートの後半戦初戦で開幕戦以来となるアベック弾を決め、反攻ののろしをあげる。17日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 開幕戦以来の衝撃で反攻の号砲を鳴らす。チーム得点の約7割を占めるジョーとシャビエルが同じ試合で得点を決めたのは3−2で逆転勝ちした開幕戦のG大阪戦のみ。約2カ月ぶりのリーグ戦でアベック弾の再現となれば、最下位からの巻き返しに向けたこれ以上ない再スタートとなる。

 今季はこれまで3トップの布陣が多かった。しかし、浦和戦は2人は横並びの2トップに配置されるとみられる。息の合ったブラジル人コンビは紅白戦でもゴール、アシストを重ねており、ジョーは「シャビエルが起点になる。近くにいることで攻撃がやりやすくなっているよ」。確かな手応えを感じている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ