トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、PK1得点のみの深刻ドロー 4カテゴリー下の関西L・枚方に苦戦

2018年7月3日 紙面から

枚方との練習試合でゴールを決められず悔しい表情を見せる名古屋・玉田=岐阜県飛騨市で(木戸佑撮影)

写真

 名古屋グランパスは2日、岐阜県飛騨市の飛騨古川ふれあい広場でFCティアモ枚方と練習試合を行った。主力組はFWジョー(31)のPKによる1得点のみで1−1(30分×2本)、サブ組は4−0(30分×2本)だった。

 J1失格の烙印(らくいん)を押されかねない結果だ。JFLの下位にあたる関西リーグ1部に所属する枚方に、主力組で臨んだ前半の2本はドロー。グランパス唯一の得点がPKだったのに対し、流れから失点したことを考えれば、状況は結果以上に深刻と言える。

 とにかくゴールが遠い。中断期間の練習試合4戦で主力組が奪ったのは3得点のみ(うち2得点はPK)。この日もジョー、シャビエル、玉田らが決定機を外した。単調な攻めが目立ち、DF和泉は「パスを出した後に周りのサポートがあれば、チャンスは増える」と訴えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ