トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

絶対阻止 9連敗チームは降格率100%

2018年5月2日 紙面から

FC東京に敗れ8連敗となり、引き揚げる名古屋イレブン=4月28日、味の素スタジアムで(木戸佑撮影)

写真

 名古屋グランパスは1日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターでC大阪戦に向けて非公開練習をした。3月18日の川崎戦から続く連敗は「8」まで伸び、あと1つで1994年に喫したクラブワースト記録「9」に並ぶ危機的な状況。不名誉なクラブ記録の更新だけでなく、現行制度において“降格確率100%”を意味する魔の9連敗を回避するべくホームで昨季2冠の難敵を迎え撃つ。

 2年ぶりに戻ってきたJ1の舞台で、グランパスがもがいている。第3節の湘南戦で勝ち点1を獲得して以降、並んだ黒星はすでに8つ。開幕2連勝で首位だった順位はジェットコースターのごとく急降下し、最下位に沈んでいる。

 Jリーグ開幕の1993年以降、9連敗以上したチームは16例。だが、PK戦(99年から廃止)、延長戦がともになくなった03年以降は、6例に絞られる。注目すべきは、その全6チームがシーズン終了とともにJ2に降格している事実だ。

 前回グランパスがチームワーストとなる9連敗を喫した24年前は、まだJ2が存在しなかった。また、連敗のうち2試合はPK戦の末に敗れたもの。1つの引き分けを挟むことなくストレートで喫する9連敗は、より深刻な意味を持つ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ