トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

激しいジョー熱!!絶対きょう連敗止める

2018年4月11日 紙面から

ミニゲーム形式の練習でシュートを放つジョー(右)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(那須政治撮影)

写真

 名古屋グランパスは11日、仙台戦に臨む。FWジョー(31)は、3連敗の苦境にこそ激しさが必要だと訴えた。チームは10日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。

 負けが込んだ時こそ激しく。欧州や母国ブラジルで生き抜いてきたストライカーは、苦しい状況から立ち直るすべを心得る。ジョーは「日々の練習をもっとパワーのあるものにしないといけない。(ボールや相手に)詰める、寄せる動きを強くし、試合では相手とより厳しく競り合わないといけない」。穏やかな口調で強い言葉を重ねた。

 3連敗を喫した7日の札幌戦から3日間、自らだけでなく、チームメートにも激しさを求めてきた。練習も含め、強度を一段上げた真剣勝負から得られる収穫がチームの結束を強め、失いかけた自信を再び取り戻す足掛かりとなるからだ。

 自身は今季、開幕戦でマークした1ゴールのみ。0−3で敗れた札幌戦ではわずかシュート1本だった。中盤から前線にパスがつながらず、下がった位置でボールを受けることも多かった。「札幌戦で多かったパスミスやトラップミスを修正して、次の試合では相手を絡める激しい動きでどんどん前に出たい」。相手の要注意人物であるジョーがDFを引き連れて動き回れば、味方へのマークが緩むこともある。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ