トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

深堀、起爆剤になる 公式戦初先発へ意欲 あすルヴァン杯G大阪戦

2018年4月3日 紙面から

G大阪戦起用が濃厚な深堀(左)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 名古屋グランパスは2日、ルヴァン杯グループステージG大阪戦(4日・パロマ瑞穂)に向けて愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。先発起用が濃厚な2年目のMF深堀隼平(19)は「どういうプレーができるかが楽しみ。90分通してトライしたい」と、公式戦初の先発起用に意欲を見せた。

 チーム内で一番と言っていいほど勢いに乗っている。ルヴァン杯前節の広島戦でプロ初ゴール。3月25日の練習試合で3得点して存在感を示すと、31日のリーグ鳥栖戦では後半36分からJ1初出場を果たした。「まだまだ評価されるところにはいない」と風間監督は手厳しいが、期待の裏返しでもあり「戦力になってもらわなければ困る」とも話す。目に見える結果は残せなかったが、リーグ戦の真剣勝負を肌でしっかり味わった。「守備の背後に抜けるスピードやタイミングがある程度は通用すると思ったが、ゴールを決め切る部分が課題として残った」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ