トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、U−18もプレミアL昇格 トップに続き1年で返り咲き

2017年12月18日 紙面から

1年でのプレミアリーグ復帰を果たし、喜びを爆発させるグランパスの選手たち=コカ・コーラウエスト広島スタジアムで(福沢和義撮影)

写真

 サッカーの高円宮杯U−18(18歳以下)プレミアリーグ参入戦は17日、広島市のコカ・コーラウエスト広島スタジアムなどで来季の参入チームを決める2回戦が行われ、名古屋グランパスU−18(東海1位)は2−0で札幌U−18(北海道)に完勝。J1復帰を果たしたトップチームに続き、高校世代最高峰リーグに1年で返り咲いた。磐田U−18(東海2位)、富山第一高(北信越1位)、千葉・流通経大柏高(関東2位)も来季はプレミアリーグに参入する。

 1年前の悔し涙が、うれし涙となって頬を伝った。前半34分に試合が動いた。右からのFKに、グランパスU−18のDF藤井陽也(はるや、16)がゴール前で頭を合わせて先制ゴール。試合の主導権を握ると堅守で相手の反撃をしのぎ、後半ロスタイムには主将の杉田将宏(18)が試合を決めるゴールを奪った。

 180センチの長身を生かした守備でも貢献した藤井は「一年間、この日のためにやってきた。得点はよく覚えていないけど、いいボールが来た。チームを勢いづけることができて良かった」と振り返った。

 昨秋はプレミアリーグから陥落。高校1年ながら主力だった藤井は悔しさをバネに努力を重ねた。チームのコーチから指導されたのは、跳ぶタイミングや力の入れ方など。武器のヘディングを磨き、この日の大一番では攻守両面でことごとく空中戦を制した。

 この試合を最後に退任する高田哲也監督(48)は「ことし一番やるべきことを達成して、ほっとしている」と表情を和らげた。藤井の活躍には驚きを隠さず「いつも自信なさそうにプレーしていたけど、こういう経験が彼を大きくする」と飛躍に期待を寄せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ