トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

玉田、行くぞ40歳現役 契約1年延長

2017年12月16日 紙面から

契約更新発表4日前に、3年後となるプロ「22」年目への意欲を示していた玉田=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 来季のJ1復帰が決まった名古屋グランパスは15日、FW玉田圭司(37)との契約更新を発表した。プロ20年目を迎える玉田は、自身4季ぶりのJ1のステージに立つ。視線はさらにその先へ。3年後の40歳でのプレーと、グランパスで現役を全うする思いも新たに芽生えた。

 プロ20年目の扉が開いた。単年での延長オファーが届いてからわずか数日での決断。玉田は「名古屋をJ1に上げて、名古屋としてJ1でやりたいという気持ちで、去年戻ってきた。まだ来年のことをイメージしてるわけではないけど、スッキリしたね。J1を久しぶりに感じたいし、楽しみ」と声を弾ませた。

 「来年もやると思う」と延長オファーを受けた直後に語った。その時、プロ「20」年目への決意表明のポーズをカメラに求めると、少しの間を挟んでから、満面の笑みを浮かべて「22」と返してきた。

 この日、改めてそのポーズの真意を聞いた。40歳での現役、そしてグランパスで選手を終えることを視野に入れたことも認めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ